ストックホルム市庁舎

DSC_0266

中庭

DSC_0207

DSC_0208

DSC_0209

側には公園があって、そこからの景色も綺麗

DSC_0211

DSC_0213

DSC_0217

DSC_0219

ガイドツアーを申し込めば、内部を見学することができる。

ノーベル賞晩餐会が行われるのが、この「青の間」。何とここに1300人もの人が入るらしい。

DSC_0224

青くないのに何故「青の間」と呼ばれているかと言うと、元々は壁は青に塗られる予定だったが、下地の煉瓦の壁が予想以上に美しかったのでそのままに残すことにし、もう既に「青の間」と呼ばれていたので名前はそのまま残ったとのこと。

DSC_0227

DSC_0229

市議会の会議場

DSC_0237

上には傍聴席が

DSC_0235

木の小屋組みの天井は、広々としていて青色が綺麗

DSC_0238

DSC_0242

DSC_0240

DSC_0245

DSC_0246

黄金の間。こちらは、名前の通り黄金色。

DSC_0252

よく見ると、モザイク模様で出来ている。

DSC_0259

DSC_0255

DSC_0257

レストラン。予約すれば、指定年のノーベル賞晩餐会のディナーがいただけるらしい。あらかじめ知っていれば、是非とも行ってみたかった。残念。

DSC_0260

ここは予想以上に満足度が高いガイドツアーだった。

DSC_0261