デンマークでは、今週の21日からロックダウンが緩和され、ショッピングモール、飲食店なども再び開き始め、ようやく街に活気が出てきた。

で、飲食店を利用するに当たって、室内の飲食にはコロナ検査の陰性証明が必要なので(予約することも必要)、初めてコロナ検査を受けてきた。

検査には2種類ある :

  • 簡易検査 : 予約不要。症状がない場合はこちらを受けることを推奨。
  • PCR検査 : 要予約。症状がある場合、もしくは簡易検査で陽性判定が出た場合は、追加でさらにこちらを受けることを推奨。

ということで、簡易検査の方に行ってみた。コペンハーゲン市内には検査所は、4箇所とそんなに多くない。そのうち、中央駅近くの検査所に行ってきた。

平日の仕事後に行ったのだが、ロックダウン緩和初日ということもあってか、結構並んでいた。検査所は、ビニールで出来た、いかにも仮設の施設という感じ。

4E21B5CA-A070-41DA-9187-94DB46D7B8DB

検査の流れは以下のとおり :

  1. 受付で、イエローカード(デンマークの健康保険証)を提示
  2. 電話番号を聞かれる。その場で、SMSで受診できるか確認。検査番号が書かれた紙を渡される。
  3. 検査ブースで、検査の方法を説明。鼻で炎症が起きたことがあるかと、確認される。あと、これは単なる雑談だったのかもしれないが、検査を受けにきた理由も聞かれた。
  4. 両方の鼻の穴に、綿棒を4秒程づつ、結構奥の方まで突っ込まれる。若干痛いが、耐えられない程では無い。
  5. 出口で綿棒を提出して、検査終了
  6. 検査後、30〜60分後ぐらいに、SMSを受診。SMSに入っているリンクを開くと(CPR番号を要入力)、検査結果を見ることができる。検査結果はpdfとしてダウンロードできる。

結果は、無事陰性。

とてもスムーズな手続きで、検査自体は一瞬だったが、この日は並んでいた時間を入れるとトータルで1時間近く掛かった。まあ、この日はロックダウン緩和初日だったため、特に時間がかかったのかもしれないが、これだとちょっと気軽には行けないなあと。

それも、陰性証明は72時間しか有効ではないので、前もって陰性証明が必要な予定をまとめて計画し、それに合わせて検査を受けた方が良さそう。